twitterに登録できない!よくある原因と対処法とは?

twitter 登録できない

 

twitterを利用しているユーザーは全世界に存在しており、自国だけでなく世界全体の情報を瞬時に把握できます。

 

さらに災害時などにいち早く情報を伝えるツールとしても期待されているので、今後も活躍が期待されているのです。

 

そんなtwitterを、今から始めたいのですが、「登録できない」というトラブルを経験する場合も少なくありません。

 

そこでこの記事では、twitterで登録できない原因を把握しつつ、対処法について紹介します。

 

 

twitterに登録できないよくある原因とは?

 

twitter 登録できない

 

twitterを始めるにあたって、自身のアカウントを登録しなければいけません。

 

登録作業は特に難しいものではなく、メールアドレスとパスワード、ユーザーIDを準備するだけです。

 

それなのに、何故か登録できないと困ってしまう人は、どこに原因があるのでしょうか?

 

 

ユーザーIDが既に使われている

 

登録できない原因として一番多いのが、「ユーザーIDが使われている」というものです。

 

ユーザーIDは、他の人が既に使っているものを選ぶことはできず、別のユーザーIDを設定しなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

ユーザーIDは@から始まる半角英数字の文字列で、あなたのURLにも反映されるとても大事な情報。

 

そのため、同じIDは使えず誰も使用していない文字列にする必要があります。

 

登録できない時は、ユーザーIDが重複している可能性を疑ってくださいね。

 

 

利用不可能なユーザーIDを設定している

 

こちらもユーザーID絡みですが、利用不可能な文字列を組み合わせていると、登録できない状況に陥ります。

 

先ほども少し触れましたが、半角英数字じゃないと受付されず、日本語やその他言語で入力してもエラーとなるのです。

 

しかしながら半角英数字で、利用できない言語等を使っていないのに登録できないケースもあります。

 

それは「twitter社が使用不可と設定している」ユーザーIDを登録しようとした場合です。

 

たとえば、「twitter」や[admin」などは、twitter社によって登録不可の設定にされています。

 

もし、こうしたユーザーIDを使っているならb、別の文字列にする必要があるでしょう。

 

 

文字認証に何度も失敗する

 

登録できないもう一つの原因として、「文字認証がとても分かりにくい」という問題があります。

 

twitterは1人が複数のアカウントを作成でき、それぞれ別々のツイートを発信できる特徴があるのです。

 

この機能を悪用するユーザーがいて、ロボットを使い非常に多くのアカウントを瞬時に作成していました。

 

スポンサーリンク

 

そうした状況を打開するために、twitterでは文字認証の導入を始めています。

 

この文字認証は人間でしか識別することができない情報を入力するのですが、英数字が曲がっていたり、ぼかしが入っていたりしてとても分かりにくいのです。

 

日本語ではないので馴染みも少なく、読みにくいとなれば正確な入力ができず、登録できない状態が続きます。

 

もし何度も認証エラーになるのであれば、「再表示」を試み、どうにかしてクリアするしかありません。

 

 

twitterに登録できない場合に行ってほしい対処法

 

twitter 登録できない

 

twitterに登録できない原因が分かったところで、これまでに取り上げなかった対処法について紹介しますね。

 

 

ネット接続が安定しているかを確認する

 

twitterへの登録はインターネットを通して行うため、ネットへの接続が不安定ですと登録できない可能性があります。

 

特にWiFi接続を常時ONにしていると、外出先のWiFiスポットに接続され不安定な状態になっている可能性があるのです。

 

その状態でtwitterへの登録作業をすると、登録できないこともあるので、安定した接続ができる場所で再度登録作業を行ってみてください。

 

 

アプリをアンインストールしてみよう

 

twitterをスマートフォンで行う人が多いですが、アプリはたまにエラーが起こる場合があります。

 

特にインストールはしたものの、しばらく使っておらず、時間が経過してからtwitterの登録をした場合はエラーが起こりやすい傾向にあるのです。

 

アプリのエラーによって登録できない場合は、ひとまずアプリをアンインストールしてみましょう。

 

その後再度インストールをして起動すると、最新バージョンのアプリから登録作業ができるので、エラーが起きる可能性を減らすことができますよ。

 

 

〜まとめ〜

  • twitterに登録できないよくある原因とは?
  1. ユーザーIDが既に使われている
  2. 利用不可能なユーザーIDを設定している
  3. 文字認証に何度も失敗する
  • twitterに登録できない場合に行ってほしい対処法
  1. ネット接続が安定しているかを確認する
  2. アプリをアンインストールしてみよう

 

twitterに登録できない原因は主に、ユーザーIDや文字認証のミスによるところが大きいです。

 

またインターネットへの接続が不安定だったり、アプリのエラーによって登録できない場合もあります。

 

登録できなければ、twitterを始められないので、どうにか対処していきましょう。

他にこんな記事も読まれています



スポンサーリンク


人気記事ランキング


twitter 登録できない
スマホでお金を稼ぐ!スマホで簡単にお金を稼ぐ方法と裏技8つ



twitter 登録できない
twitter鍵の正しい付け方!知っておくべき鍵の効果とは?



twitter 登録できない
t相手にバレる?足跡は見れる?twitterの足跡機能まとめ



twitter 登録できない
twitterをつぶやいてツイートする3つの方法



twitter 登録できない
twitterでログアウトするとどうなる?ログアウトするやり方



twitter 登録できない
twitterアカウントを非公開にする方法【PCスマホ対応】



twitter 登録できない
twitterの鍵付きアカウント情報を見る2つの方法



twitter 登録できない
twitterのアカウントを複数に分けて追加する方法



twitter 登録できない
twitterで不具合が起こった時の正しい対処方法



twitter 登録できない
twitterで画像が表示されない4つの原因と解決法



twitter 登録できない
twitterで相手をブロックをする方法と3つのメリット



twitter 登録できない
twitterのリスト作成方法と便利な使い方



twitter 登録できない
twitterで便利な「お気に入り」機能の使い方と解除方法



twitter 登録できない
twitterのアカウントを削除する方法と正しい手順



twitter 登録できない
twitterの新機能!ミュートを設定する3つのメリット



twitter 登録できない
twitterで動画を投稿する正しい手順と注意点



twitter 登録できない
twitterのフォロワーを簡単に発見し一括リムーブする方法




twitterのブロックまとめ


twitter鍵の使い方


twitterで稼ぐ方法


twitterのフォロワーを増やす方法


小技・テクニック